法人概要


社会福祉法人 信愛会 行動指針【図解】

【M.S.マネージメント・サティスファクション※経営満足の追求 ”組織の継続的維持発展をめざして!”

法令遵守(コンプライアンス)の徹底を推進し、組織統治(ガバナンス)を確立させます。
透明性(情報公開や財務規律)を高め、信頼され、支持される社会福祉法人を目指します。

【E.H.エンプロイー・ハピネス※職員幸福の追求 ”職員が誇りをもって能力を発揮できる環境を!”

”信頼と共感の持てる職場づくり”を指針として、人財確保育成の強化を図ります。専門知識の向上・
メンタルケア・業務省力化等に努め、仕事を通じての社会貢献や人を活かす取り組みを重視します。

【C.S.カスタマーズ・サティスファクション※利用者満足の追求 ”利用者やご家族の立場を尊重して!”

あらゆるリスク対策や苦情解決体制を充実し、説明責任(アカウンタビリティー)を重視します。
認知症ケアや身体拘束廃止、感染症予防等に注力し、サービスの「見える化」による改善を推進。

信頼と共感のもてる職場づくりをめざして

"種を蒔き、育つ土壌の創造に努めます"

日本は、世界に類を見ないペースで高齢化が進み、現在の高齢化率は約25%で、国民の4人に1人は高齢者です。
今後の推計も、更に上昇の見込みです。介護需要が高まる事は間違いなく、関わるスタッフの活躍の場は拡がると同時に、国民の期待も背負う事になります。高齢化は日本に限ったものではなく、世界中が注目していると言っても過言ではありません。個々のスタッフが、熱意と誇りをもって、日々の業務にあたり、利用者の皆様に満足頂けるサービスの提供に結びつくような環境の整備、人財の育成に努めます。

①多様性(ダイバーシティ)を活かした組織マネジメントの重要性について

雇用形態や専門職の役割等の多様化だけでなく、様々な価値観や背景をもった者が共に働く機会が増えている昨今、組織の中の多様性を上手に把握し、有効に協働(コラボレーション)して、継続的に成果を実現する事が、短期的には重要となります。
法人理念や経営方針・部門目標等を改めて周知して、職場における個人の役割を認識しつつ、各々が持つ能力をより良く発揮できるような環境の整備に努めます。

②TQM(トータル・クオリティ・マネジメント)的な改善活動について

リスクマネジメントや苦情解決体制等において、TQM的な手法で取り組み、改善活動の継続に努めます。この様な活動を通して、組織人として必要な専門力・組織力・社会力を強化します。
常に変化する環境の中、利用者満足を追求し、①サービスの質 ②サービスを生み出す過程の質③サービスを生み出す人的能力の質 という3つの品質向上を重視して、利用者や家族のニーズ(期待や要求)を実現する様なサービス提供に努めます。
一般的なPDCA=P(Plan):目標設定し、計画を立てる。D(Do):役割を決め、具体的に行動する。C(Check):点検・評価する。A(Action):改善を図る。 このサイクルの「C」の箇所を 「S」(Study):学び。 に替えたPDSAサイクルで取り組んでいく必要性を感じています。成果に対する評価を、単なる点検に終わらせず、組織全体で、深く考察、反省し、学び共有するスタイルこそ、A(Action)に繋がり、より良い継続的な改善が可能になるという考えのもと、中期的視点をもって取り組みます。
”常に変化する環境と利用者満足への対応として、PDCA から PDSAへ!”

③HRM(ヒューマン・リソース・マネジメント)を重視した人財育成について

サービスの質を常に向上させるには、職員の自主性を重視し、能力を最大限に発揮できる環境の整備にも努めなければなりません。キャリアパスや人事考課、能力向上制度を有効活用して、職務と職員自身の幸福が結びつくような人財の育成を図ります。また、長期的な視野に立って、”福祉事業を担う次世代人財を育てたい” という大きな想いをもって取り組みます。