法人概要


社会福祉法人 信愛会 基本理念・経営方針

「ふれ愛 いき愛 いかし愛 共に喜び 共に生きよう」

Ⅰ基本理念

社会福祉法人信愛会は、カトリックの隣人愛の人間観に基づき、全職員が人間尊重を基本理念とし、福祉従事者として老人福祉事業に取り組みます。

【隣人愛】

福祉における愛とは、どれだけ自分を相手の立場におくことができるか、人の苦しみ、痛みを理解し、共にするという態度である。また、愛は一方的であってはいけない。 愛の業は隣人や恵まれない人に対する、即ち、心貧しき人に奉仕するすべての働きであり、人間の尊厳を認め、敬愛し、平和と正義を追求するものである。こうした交わりと対話の努力は、人を理解する為に必要なものである。このような愛の精神を持ち、人格的接触を通じて、共に生きていく事が、真の人間の本質である。

Ⅱ経営方針

社会福祉法人は、その事業の公益性から運営に関しての透明性が重視されます。培ってきた事業や、地域貢献的活動をアピールして、信頼のおける社会福祉法人と認識されるように努めます。今後も、情報公開等を通じて、組織のガバナンスや適正な財務規律の強化を図り、地域共生社会構築のお役に立てる法人を目指します。

特養施設においては、従来型個室の形態で比較的低負担の介護施設サービスを提供しています。居宅サービスや予防総合事業では、在宅での生活を継続する為の支援や、家族の負担軽減を図る支援に努めています。養護施設については、自治体による措置入所控えの様相が続いて、厳しい運営状況にある中でも、持続可能なセーフティネットを守るべく対処しています。

地域の社会福祉法人との連携や地域貢献活動も推進しておりましたが、昨年からの新型コロナ感染症対策にて、やむを得えずの中止や延期もあり縮小傾向にあります。ふくおかライフレスキュー事業では、粕屋地区連絡会に参加すると共に、旧施設をリユース品倉庫として無償提供しています。執行理事は、認知症の人と家族の会の福岡県支部長や日本カトリック老施協会長としても、認知症ケアに対する理解や慈愛の精神を深める公職に従事しています。

施設機能を外部へ発信し、地域における包括的ケアの一端を担う拠点福祉施設となれるように努めてまいります。感染症・褥瘡予防や事故防止・虐待拘束廃止等のリスクマネジメント、ケアプランに沿った個別対応、認知症ケア、口腔衛生管理、栄養ケアマネジメント等に日々取り組んでいます。

人財育成に関しては、「信頼と共感のもてる職場づくり」を指針として、職員が能力を発揮できる幸福度の高い職場環境や待遇改善に努めます。働き方改革関連法に基づき、業務省力化等にも継続して取り組みます。また、法令遵守や説明責任を果たすべく「サービスの見える化」活動を推進して、利用者満足度の向上を図り、支持される社会福祉法人を目指します。